«

»

8月 05

早めの対策が必要

目尻のしわ対策
年齢を重ねると共に、深くくっきりとするのが目尻のしわですが、目立たなくする方法はないものでしょうか。
目尻にしわができないようにするには、目の回りの皮膚をこすったり、引っ張ったりしないことです。ついつい化粧を落とすときやお肌のお手入れのときにこすってしまいがちですので注意しましょう。スキンケアが皮膚への刺激になることも多いので、目の回りはそっと扱うようにしていきましょう。

日中の化粧を帰宅後にきちんと落とさなければ、皮膚は乾燥しやすくなります。
乾燥は目尻のしわの要因になります。
皮膚に負担をかけ、乾燥を促進する作用が化粧汚れが残ることにあります。
皮膚は紫外線による光老化でも乾燥し、目尻のしわが多くなります。太陽光に肌がさらされるようなときはUVカットが大事です。
晴れた夏の日だけでなく、夏以外の季節でも紫外線は肌に照射されています。
くぼみやクマが目尻にできることも多いようです。

目の周りの筋肉が衰えている証拠ですので、早めの対策が必要になります。
クマやくぼみはしわになりやすいので要注意です。
ディスプレイを長時間見ていた時などに眼精疲労を感じたら、しばらく目をつぶって目を休ませたり、目の周囲をマッサージしてもみほぐします。
目の回りにあるツボを刺激し、血流を促進してしわ対策を行うという人もいます。
現段階では目尻にしわはない人でも、加齢によっていつかふえるしわに備えて、マッサージなどをしてみてください。母の滴 口コミ