«

»

6月 05

日経225デイトレードについて

デイトレードは、ほとんどが1日中商品市場に張りついていなければならず、依存性もあるようです。それに対して2〜10日位保有していくものを「スイングトレード」といい、それより長いものは中・長期トレードといいます。

日本語では日計り商いといいます。特に日経225ミニは、特に手数料が安いため取り組みやすいようです。

現在デイトレードは、以前に比べて半額近くに減ってきていますが、日経225では手数料が安いこととと証拠金取引であることからデイトレードはまだまだ行われているようです。日経225でのデイトレードも当然あり得ます。

日経225デイトレードは、証拠金取引ということもあり、少ない資金で多額の取引ができることと手数料が安いことから活発に行われているようです。一時期は、モニタを数台から十数台並べて取引をしている場面もよく見かけました。

どうせならば自動システムトレードシステムの利用がいいのかもしれません。デイトレードとは、1日の値動きの中で細かく取引を行い、1日の締めの段階で「売り」ポジションも「買い」ポジションもなく清算しているような取引のことをいいます。

特に数秒から数分の間に取引を行うのを「スキャルピング」といいます。

エピレ 大野城