«

»

1月 22

外国為替証拠金取引とは

円高の影響もあり、外国為替証拠金取引で資産運用を行っている人が増加しています。外国為替レートの変化を利用し、コストを抑えて資産運用を効率的に行う外国為替証拠金取引が人気のようです。外国為替証拠金取引の具体的な内容とは、どういったものでしょう。外国為替証拠金取引の基本は、先物取引や株取引に似ています。通貨を取引し、値動きに応じた利益を得ることができます。外国為替証拠金取引では、通貨ペアのどちらか一方を必ず売り、もう一方を買いますが実際には一銭も支払はしません。例えば、米ドルを売り、それを使って円を買うことを、米ドル円売りという言い表し方をしています。値動きによっては差損が生じますが、その時にそなえて証拠金を出しておきます。商品取引や株式の信用取引と同じように先に外貨を売ることも可能です。外国為替証拠金取引は、円高でも差益を得ることができます。株や信用取引と異なり、決済のタイミングに制限はありません。金利が通貨には決まっていますので、金利の高い国の通貨を持っておくことで金利に応じた利益が生じます。金利を含むすべての差益は雑所得になりますので、課税の対象となります。外国為替証拠金取引の取引差益には税金が生じることは知っておきましょう。可愛いリズリサの通販はこちら